「北東」に秘められた風水的な意味合いとは

風水において、方位や方角は運気を左右する重要な要素として捉えられています。一般的な風水は部屋の環境を変えることで、人の心の在り方に変化を促して運気を上昇させるという考え方が基になっています。ただ、風水ではその他に「気」という人の目には見えない力についても認めていて、その気の流れを読んだり、変化させたりすることで幸運を呼び込もうとする処方も幾つか存在しています。
気の流れに大きな影響を与えるのが、自分の住む家や部屋の「方角」です。家の向きや部屋の位置によって気の流れ方に大きな違いが生まれ、呼び込める運気も変わってくるのです。

「北東」の方位には高さを持つ山を現していて、新しい気を生み出したり、気の流れの出発点になると言われています。この北東の方位がプラスに働いた場合、自発性や競争心、勤労意欲などが湧くとされています。ただし、マイナスに働いてしまうと不眠や悪夢に悩まされたり、イライラが募って自己中心的になる等の悪影響が出てしまうので注意が必要です。

風水において、北東は変化を呼び込む方位と捉えられており、転職や引越しなどの運気に影響を与えるとされています。そのため、引越しや転職、家の建て替えなどを考えている人はこの方位を中心にして環境の変化を迎え入れてあげると良いと言われています。

ちなみに北東にとってのNGカラーというものもあり、北東の方位には山を現す意味合いもあるので、寒い山を連想させるようなブルーカラーは避けた方が良いとされています。
反対に北東に置くと良い変化が生まれるとされているのが「ホワイト」をベースとした清潔感のあるカラーです。また、気を活性化させる赤色も北東の方位に良い影響を与えてくれるので、レッドカラーの小物やインテリアを北東の方角に置くと良い変化が生まれると言われています。