「南西」に秘められた風水的な意味合いとは

最近、風水を利用して自分の生活する部屋や家の運気を上昇させようと考える人が増加傾向にあります。そんな中、風水的にもっとも重要視される「方位や方角」についての知識をしっかりと身に付けようとする人も増えてきています。

方位には合計で8方位ありますが、それらの方位にはそれぞれが異なった役割や特徴を持っており、どの運気をアップさせたいのかによって重要視する方位や方角も変わってきます。

「南西」の方角は土の気を持っているとされていて、この方位は低い地面を象徴していると言われています。そのため、南西の方位には安定感や統一感を好む人にとって重要な意味合いがあります。南西の方位がプラスに働くことで、その家に住む人には家庭内の調和や友情、節約に関するポジティブな効果が現れます。反対に、南西の方位がマイナスに働いてしまった場合は、その家に住む人には停滞感や依存心が強く感じられるようになります。

南西の方位には家の中でもっとも低く、さまざまなものが集まり易いという特徴があります。そのため、家庭運に関わる運気を呼び込むことに長けており、この方位をしっかりと整えることで大切な家庭を守ることにもつながります。家の中でも家庭運を左右すると言われる「リビング」は、この方位に位置しているのがベストだと言われています。

南西にはNGカラーとラッキーカラーがあるのですが、NGカラーについては成長した木を連想させる濃いめの緑だと言われています。高さのある木は低さを象徴する南西の方位には不向きという理由から、濃い緑がNGカラーとして捉えられています。

反対に南西の方位にとってのラッキーカラーは育ち始めた若葉の色を連想させる若草色、または少し明るめのブラウンなどです。